AviUtlを閉じる前に確認ダイアログを表示

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

- 悲劇を二度と繰り返さないために -

「AviUtlで動画制作しててうっかり×ボタン押しちゃったら警告も無く保存せず終了しちゃったぜOMG :(」現象を防ぐべく我らは立ち上がった。

同志よ、AviUtlを起動し、上部メニューのファイル→環境設定→システムの設定で下段中ほどの「編集ファイルが閉じられる時に確認ダイアログを表示する」にチェックを入れるのだ。

これで終了時にキャンセルが可能になり、あの悲劇は繰り返されることは無くなる。

直前に保存していても確認が表示されるが、それは仕方が無い。平和のためには必要な犠牲も在るのだということを我々は理解せねばならない。

そう。

悲劇を二度と繰り返さないために──

ちなみに、うっかり消してしまった場合でも次回起動時に拡張編集タイムラインで右クリックし、「バックアップファイルから新規作成」を選ぶと拡張編集の自動バックアップ機能で保存されたファイルから選べます。日時を参考に復元しましょう。

自動バックアップの間隔はデフォルトで5分、バックアップ保存数はデフォルトで10ですが、拡張編集タイムラインで右クリックして環境設定を選ぶと変更できます。(AviUtlの環境設定ではありません。拡張編集の環境設定です。)

ただし、こまめな保存は忘れずに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする