基本情報技術者試験(FE)を受けました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

突然ですが本日、基本情報技術者試験という資格試験を受けてきました。

この試験はIT技術・システム開発手法・企業運営などのIT全般の知識を問う試験です。

情報処理推進機構(IPA)が実施する「情報処理技術者試験」には複数の区分があり、簡単な順に

ITパスポート(IP)基本情報(FE)応用情報(AP)→各種高度試験

の4段階となっています(全試験にアルファベット2文字の略称があります)。私が受けたのはレベル2ですね。

基本的な目標はAP取得、可能なら高度試験にも挑戦したいと思っていますが、とりあえず腕試し・応用情報の準備・春休みをだらだら過ごさないようにするため等の目的でFEを受けてきました。

午前試験(共通知識)と午後試験(選択問題あり)があり、両方とも60%以上の評価で合格となります。

ちょうどさっき公式解答が公表されたので、答え合わせをしてみましたので、結果を載せます。

午前試験:72/80(正答率90%)

午後試験:問6-c以外全部正解

ということで、傾斜配点でどういじられても合格は間違いないっぽいです。よかった。

午後の選択問題は問2,3,6,7を選択しました。最後のプログラミングは問9のC言語。

初めての受検でしたが、情報系の大学3年生が丸2カ月以上勉強すれば普通は合格するでしょう、という感じです。

以下、感想とかだらだらと書いていきます。

勉強方法とか

テキストは1年以上前に購入したものの、ほとんど読まずに放置していました。「よくわかるマスター」というタイトルのでっかいやつです。内容はあんまり好きじゃないのですが、試験に合格するには十分な量の知識を得ることができました。

(購入したのは左側の平成25-26年度版です)

去年は知的財産管理技能検定2級と統計検定2級を受けたので、基本情報は後回しになっていましたが、今年2月の春休みに入ってひたすらアニメを見てだらける生活を送っていたときに「このままでは長すぎる春休みを無為に過ごしてしまう!」と思い、自分を奮い立たせるために勢いで基本情報の申込をしました。(2月21日)

それから、とりあえず午前試験の過去問を1回分解いて「なんかよく分からんけど8割とれたぞ?いけるな?」となって、だらだらと勉強をし始めました(上記テキストを暇な時に前からだらだら読むという感じです)。

ちなみに大学2年の後期にコンピュータのハードウェア・アーキテクチャに関する講義があったので、RAMとかページングとかMTBFとかの知識は獲得済みでした。他にもITに関わる講義は多かったので、大学でかなり多くの知識を得ることができました。

あ、書き忘れていましたが、私は高校生の頃から趣味でプログラミングをやっているのでC言語の知識は十分ありました。

とまあこれだけ書けば「合格して当たり前やないか」という感じですね。

もちろん知らない用語もたくさんあったので、勉強はしっかりしました。

そこで、テキストを読む以外に行った勉強法を書いていきます。

基本的な勉強法

まず、私が資格試験を受けるときに必ず行う勉強法があります。

それが、過去問です。

テキストを隅から隅まで読むなんて私には無理です。何週も読むなんて到底できません。

ですので、テキストを一回さらっと流し読みしたら、過去問を1回分解きます(印刷します)。時間は計っても計らなくてもいいです。

「自信ないけどこっちかなあ?」みたいな問題は、予想した選択肢にマルを付け、左に「?」を書いておきます。できれば問番号の近くにも「?」を書いておきたい。

答え合わせの際、「正解か不正解か」だけを記します。「問12」みたいなところに赤ボールペンでマルかバツ。「正解はこっちだった」とかは書きません。

そして、自信をもって正解できた問題は無視します。そのページにある全ての問題を正解できたページは捨てます(私は片面印刷したので計算用紙などにします)。

間違えたor迷った問題について、知識問題ならテキストorネット検索で知らない用語などを調べます。そしてもう一度問題を見て選択肢を選びます。合ってたらバンザイ。それでも間違うようなことがあれば真剣にネットで調べた方がいいです。複数のサイトを見て。

計算問題なら、考え直します。考え直して分からなかったら、ネットで解説を探します。見つからない場合は、答えの数字から頑張って計算式を逆算しましょう。それもダメなら諦める。

以上の手順によって、「考えても考えても分からない問題」以外の全ての問題がとりあえず理解できたら、別の回の過去問を行います。

ただし、FE試験においては「過去問道場」というWebサービスがあるので、2回目以降は道場で代用してもOKです。私はそうしました。(道場で掲載されている過去問の著作権はどうなっているんでしょうか?さすがにIPAも存在を知ってはいると思うのですが……)

通学時間などの空き時間にスマホ(私はタブレットPCですが)を利用して問題を解きまくります。知らない単語が出てきたら解説を見て覚えるか、不安ならネットで検索して解説記事を見ます(RFIDという単語を初めて見た時に、解説をみてもイマイチ分からなかったので検索して、ICOCAに使われている技術であることを知りました)

過去問を解きまくると、自分に無い知識がはっきり分かり、さらにその知識がどのような形で出題されるかまで分かるので、効率がいいと思います。だらだらテキストを見ていても、自分がどの程度理解できているかが分かりにくいです。分かってると思っていてもいざ出題されるとちゃんと答えられなかったり。テキストを読むだけではモチベーションの維持も難しいと思います。

また、FE試験では過去問と同じような問題、それどころか過去問で出た問題(そのまま)が出題されることもあるので、過去問を解きまくれば午前は確実に突破できると思います。

FE特有の勉強法

さて、ここからはFE試験に特化した勉強法を書いていきます。私がやったもののほか、「やっとけばよかった」というものも書きます。

まず、やっててよかったもの。

・ツイッターで「マーケティングたん(@MarketingTan)」をフォローする。

私はもともとマーケティングに興味があり(マーケティング業界を目指しているわけではなく、知的好奇心として)、マーケティングたんをフォローしていたのですが、FE試験に登場する概念がいくつか解説されています。PPM(何の略か分かりますか?)、SWOT分析、OJTとOffJTなど。ブルーオーシャン・レッドオーシャン戦略とかもありますね。面白いのでフォローおすすめです。

・知的財産管理技能検定を取る

これはもはや何が目的なのか分からなくなりますが、特許や著作権の問題がごく一部で出題されるので、この資格の勉強をしていると、知財分野の新たな勉強が不要になるので良いです(試験問題には1問くらいしか出ませんが、そのための勉強時間が丸々浮くというのが大きいです)。これからは知的財産の時代なので、考えてみてはいかがでしょうか。

私がやってたのはこの程度でしょうか。他にも高校生の頃に英語の勉強をちゃんとしてて良かったとかもあります。

次に、やっときゃよかったと思うもの

・アルファベット略語の完全名を覚える

FE試験ではアルファベット略語がたくさん出てきます。そのほとんどは、何の略か分かれば(そして日本語に訳すことができれば)それだけで正解の選択しが選べます。

SCM、UML、DFD、MTBF、MTTR、SaaS、DoS攻撃、CRM、WBS、DNS、NTP、MIME、DHCP、KPI、ERP、CFO、などなど……

全部、何の略か分かりますか? ちなみにマーケティングたんのところで書いたPPMはProduct Portfolio Management:プロダクトポートフォリオマネジメントの略です。これに関しては何の略か分かってもそこから意味を類推するのが難しいですが。

こういう略語だけで単語帳みたいなのを作るのもいいかもしれません。そういうツイッターのbotがあっても良いかも。作ろうかな。

もちろん、SCMがサプライチェーンマネジメントだと分かっても「サプライ」の意味が分からないと話になりません。英語の知識って大事です。

私はある程度勉強したのですが、今回の試験で「BYOD」が何のことか分からず、その問題を間違えてしまいました。Bring your own deviceだそうですね。自分の個人用PCを職場に持ち込んで業務を行うBYODは機密保護の面に注意しようね、ということだそうです。

以上がおすすめ勉強法です。

午後試験は正直何をやったらいいか分かりません。ちゃんと日本語を読んでしっかり考えましょう。あとプログラミングを趣味でやると問8のアルゴリズムと問9以降のプログラミングが解きやすくなります。序盤は「常識的に考えてこうでしょ」というのでだいたい解けます。

今回の試験の感想

今回の感想ですが、簡単だったと思います。

過去問は午前午後ともに1回分しか行っていないので質の良い比較はできませんが、それほど難しい問題は無かったように思います。

午前が60分程度で終わって退室した後に2ちゃんねるを見てたら「簡単だったから午後難しいかも」と書かれていましたが、午後も簡単でした。(問8,9はもともと得意分野なのであまり難しいと感じることは無いのですが)

簡単だったということは午後試験の配点が厳しくなるのかな、と思いますが、どうなんでしょうかね。合格率が高くなると、地震の影響で中止になった九州の受検者がかわいそうですが。

実は行きの電車で「IPアドレスとMACアドレス - 分かりやす~いコンピュータ技術情報」というWebページを閲覧しており、午後の問4がドンピシャだったのですが、aがいきなり分からなかったのでとりあえず飛ばしました。

解いた順は、

問1、2、3、8、9、7、6

という順です。4,5,6,7から2つ選ぶのに迷ってとりあえず後の問題を先に解きました。事前に解いた過去問から「2,3,6,7を解こう」と決めていましたが、結局その通りになりました。

今回の初受検で合格することができたので、次は秋に応用情報合格を目指して勉強します。あとTOEICの勉強もしないと。統計検定準1級はどうしようかな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする