Unityで落ちるブロックを避けながら登るやつを作った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

Unityでタイトル通りのものを作りました。

落ちるブロックを避けながら登るやつ

WebGLはChromeの対応が微妙なのでFireFoxやOperaが推奨っぽいです。

操作方法

オレンジっぽい直方体がプレイヤーです。(ユニティちゃんモデルを使おうとしたけど、ジャンプ周りをごっそり書き換える必要があるっぽかったのでとりあえず断念)

矢印キー上下左右で移動。

スペースキーでジャンプ。

ZキーとXキーでカメラの位置を変更します。Zキーで左側に回り込む感じ。Xキーは右側。

ルール

一定間隔(最初は3秒ごと)で上からブロックが落ちてきます。落ちる前に真下に影が映るので、避けてください。

フィールドは3×3です。低階層(0~2段目まで)は壁がありますが、それより上では壁が無いので、落ちないように注意してください(落ちた場合の判定は未作成)。

落下中のブロックにプレイヤーが触れるとゲームオーバーです。落下中は側面に触れてもアウトなので注意しましょう。

スコア計算

ブロックが落下する度に+100

まだ踏んでいないブロックを踏むと+50

踏んだブロックの高さの最大を更新すると+500

です。

一度踏んだブロックは青くなります。

スコアが5000を超えるとブロックの落下間隔が2.5秒に、10000を超えると2秒に、15000を超えると1.5秒に、20000を超えると1秒になります。

20000点超えが目標の目安です。

不具合

現在の実装では、ジャンプ中にジャンプができてしまいます。2段どころじゃないです。無限段ジャンプです。

20000点超えを目指す場合は、2段ジャンプを控えていただけるとより楽しめると思います。

また、ブロックの踏み判定が甘いです。「ブロックとプレイヤーが衝突した時、プレイヤーの方が0.9以上高い位置なら踏んだとする」という判定なので、踏んでいなくても踏んだ判定が出ることがあります。

ちゃんとやるならブロックに上面のみの衝突判定を用意する必要がありますね。

実装

あとで追記します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする